信用を高めたいなら会社設立を

個人事業主の人が融資を受ける際には個人の収入が軸となり、事業を評価してそれなりの金額を貸し出してくれる金融機関はそこまで多くありません。

企業が赤字であっても融資が受けられるのは事業を評価し、その将来性を見込まれたからです。そこにはこの会社であればこれくらいは成長するだろうという金融機関側の思惑もあります。金融機関側の信用をつかみたい時におすすめなのが会社設立に伴う法人化です。これを行うことで評価基準が事業の中身となり、信用をつかみやすくなります。

会社設立に伴う法人化が与える影響は、仮にその当人が亡くなってしまったとしても事業をすぐに再開できる点にあります。個人事業主が亡くなってしまうと口座がすべて凍結されてしまいます。家族が引き継ごうとしても難しく、タイムラグが生じている中で事業の継続が難しくなることがあります。会社設立をしておけば、口座はあくまでも法人名義の口座となり、凍結されることはありません。

例えば代表者が病気がちでその部分が心配でも、それを引き継ぐ人が元気であれば不安がそれ以上大きくなることはないです。あとは中身でも判断となります。資本金の額面が信用を左右するとも言われ、実績がある人は資本金を積み重ねることも必要です。法人の中には個人事業主とは取引をしないというところもあります。そうしたところと長く仕事をしていくためには、早い段階で会社設立に伴う法人化を推し進めなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *