個人事業主が会社設立をするタイミング

個人事業主として仕事をされてきた方の中で、そろそろ法人化して会社設立をしたいと考えられている方もおられるのではないでしょうか。

個人事業主の方が株式会社などに形態を変更した場合、得られるメリットとデメリットがあります。個人事業主である場合と法人化した場合とのメリットとデメリットをそれぞれ比較して、会社設立の有無を検討することが大切となります。個人事業主が会社設立をした場合のメリットは、まず最初に考えられる部分としては節税効果です。売上金額が大きくなった場合には、個人事業としてよりも法人化されている方が節税が期待できます。

また、個人事業の場合には負債などに対する責任が個人のものとなりますが、法人化されている場合には有限責任となるため安心できます。それ以外では社会的信頼性が高くなり、そのため資金調達などに有利となる可能性があります。会社設立のデメリットは、売上金額が低い場合には個人事業と比べて節税効果が低い可能性があります。

それ以外では社会保険の加入が義務となっているため、社員や自分自身の社会保障といった面ではメリットとなりますが、会社としては費用負担が大きくなるためデメリットと感じられる場合もあるかもしれません。このようなことから、会社設立をおこなうタイミングは売上金額が大きくなり節税対策が見込まれる場合や、事業規模の拡大を視野に入れ社会的信用性を高めたいといったメリットがある場合などが考えられると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *