会社設立による資金調達について

会社設立をするメリットの一つが資金調達の幅が広がることです。

個人事業主の場合、資金調達といえば銀行などの金融機関から借りる以外にはほぼ見当たりません。借り入れができなければ事業に必要な資金を自分で調達してくるしかありません。ですから、資金調達の幅は狭いと言ってもよいでしょう。会社設立をすれば、資金調達の方法が広がります。株式会社であっても合同会社であっても、社債を発行することができます。社債を引き受けてくれる投資家がいれば、それによって資金調達が可能です。

銀行などの金融機関から借りるのではなくて、社債という形で資金を調達することができますから、投資をしたいという個人を探すことができれば資金調達は容易になります。株式会社の場合、増資という方法で資金調達ができます。増資とは、つまり株式を新たに発行することを指します。新たに発行した株式を売ることによって資金を得ることができます。

こうすることで株主が増えますから、経営権の問題もありますが、返済の期間が定められない資金調達ですから、出資してくれる人がいるのなら優れた方法だと考えられます。個人事業主が資金調達をするのはかなり難しいことが多いですが、会社設立をすることによってその幅は広がります。経営者にとって資金繰りは非常に大変なことの一つだと言えるでしょう。資金を確保するための方法がいくつもあるのなら、会社経営もやりやすくなると考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *