会社設立のランニングコストを抑える

会社設立をすれば、会社を維持するために様々な費用がかかります。

また、個人事業主の場合とは違って書類の作成や届け出などの事務作業の負担も増えると言ってよいでしょう。ですから、ランニングコストはかかると考えておいたほうが良いです。できるだけランニングコストを抑えたいと考えているのであれば、会社設立をするときに合同会社を選んでおくのは良い方法だと考えられます。合同会社は、株式会社に比べると組織構成を自由に決めることができますから、シンプルな組織にすることが可能です。

株式会社の場合には、決算公告をしなければなりません。決算公告はウェブサイト上で行うこともできますが、そのためにはコストがかかります。最も多くの人が利用しているのが官報に掲載する方法です。官報に掲載をすることによって決算公告が完了しますが、そのためには費用として6万円が必要となります。毎年6万円の費用がかかるわけです。合同会社の場合には決算公告の義務がありませんから、その分の費用を浮かせることができます。

会社設立をするときには役員を専任しますが、株式会社の場合には役員の任期に制限が定められています。同じ人が役員になる場合であっても、手続きは必要となります。また、変更する場合には定款の書き換えのために6万円が必要となるという点にも注意しなければなりません。合同会社の場合には、これらの手続きが不要です。このように、いろいろな麺で合同会社はランニングコストが安いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *