会社設立をするべきかどうかの検討

会社設立をして社長になりたいと思う人は多くいるようです。

しかし、それが本当に意味があるのかどうかはしっかりと考えなければなりません。何らかの目的あって、会社設立をするほうが圧倒的に有利なのであればするべきですが、漠然としたイメージで設立するべきではないでしょう。そのためには、メリットとデメリットとを把握しておく必要があります。その際に、個人事業主として経営を続けていく場合との比較をするのは良い方法だと考えられます。大抵のことは個人事業主でも経営を行うことができます。

例えば、不動産投資を行うために会社設立を使用と考える人は多くいるようです。不動産投資の規模が大きくなってくれば、個人で事業を行っているよりも税制面で有利ですから設立したほうが良い場合が多いです。しかし、規模がそれほど大きくなければ、個人で行っていても特に問題はありません。例えばマンションを一棟だけ所有するくらいであれば、個人事業主で経営をすることによるデメリットはそれほど大きくはないと言えるでしょう。

会社設立をしたほうが良いケースというのは、不動産投資に限らず、規模が大きくなってきた場合です。利益が大きくなってくると、個人の所得とするよりも会社の所得としたほうが良い場合が多いです。税制が個人と法人とでは異なりますから、例えば利益が400万円を超えれば個人よりも会社のほうが適していると言われることが多いです。業種によって違いはありますが、規模が大きくなってきた時に設立を検討するのは良い方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *