会社設立をするかどうかの分岐点

事業の規模が大きくなってくれば会社設立をしたほうが良いと言われることが多いですが、では具体的にはどれくらいの規模になれば有利なのでしょうか。

もしも個人事業主として経営を行っている方が有利なのであれば、わざわざコストをかける必要はありません。分岐点は、年収400万円、あるいは売上が1000万円と言われています。課税対象となる所得が400万円を超えた場合、会社設立をしたほうが税金が安くなります。税金を多く支払いたいという一がいれば話は変わりますが、大抵の人は税金を少しでも減らしたいと考えるでしょう。

年収で課税される対象となる所得が400万円を超えた場合には、会社設立をするべきかどうか検討してみましょう。売上については1000万円をこえるのかどうかで消費税がかかってきます。売上が1000万円を超えれば消費税を支払っていなければならないのですが、会社設立をすれば、原則として2年間は消費税を支払う必要はありません。

ですから、とりあえず2年間だけでも消費税を支払わない方法として会社設立があります。かつては税率が低かったですからあまりメリットはありませんでしたが、現在では消費税の税率が高くなってきていますから、2年間で支払う消費税の金額はかなり大きくなってきていると言えるでしょう。会社を設立したり維持したりするのにも費用はかかりますが、十分に元を取ることができるくらいの節税効果はあると考えられます.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *