会社設立に必要な最低限の費用

会社設立をするためには様々な費用がかかります。

あまりも高額だと思って諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。専門家に依頼すればいろいろな費用がかかるのは仕方のないことなのですが、できるだけ自分で手続きを行えば安くできるケースが多いです。どれだけ安くしても、法定費用はかかってきますから、これが最低限の費用だと言えるでしょう。では、具体的にはどれくらいかかるのでしょうか。ここでは株式会社を設立するケースを見ていきます。

会社設立をするときには定款を作成しなければなりません。作成した定款には4万円分の印紙をはらなければなりません。そして、作成した定款は公証人役場で定款の認証の手続きを受けなければなりませんが、この際には手数料として5万円が必要となります。法務局で登記をするためには登録免許税が最低15万円かかります。それ以外に、定款の謄本手数料なども必要となりますが、これらは数千円程度です。

ですから、合計すると24万円と数千円くらいはかかります。自分で手続きをするのなら定款もプリントアウトして作成するでしょうが、電子定款を作成できるのなら4万円ぶん安くなります。ですから、20万円と少しの金額で会社設立ができます。これが最低限の費用です。それが高すぎると感じるかどうかはそれぞれの判断によって異なりますが、会社設立によって税金を安くできることを考えれば、25万円くらいの費用なら安いものだと判断する人は多いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *